あれこれQ&A

いい家、見つけたい Q&A

住宅ローンの種類って、どんなのがあるの?

固定金利型、変動型、固定期間選択型があります。

(1)固定金利型…返済額が変わらず資金計画を立てやすい
固定金利型の魅力は、長期にわたる返済期間中、金利が一定なので、返済額が変わらないことです。変動金利に比べて、金利は高めに設定されることが多いですが、将来市場全体の金利が高くなってしまっても、現状のままの金利が適用されるため、金融情勢に振り回されることなく、安心して返済ができるのがメリットです。

faq_figure_01.jpg

(2)変動金利型…返済中、定期的に金利が見直される
変動型は、借入当初の金利が低いのが魅力です。ただし、借入後、市場金利の動きに合わせ、定期的(半年ごと)に金利が見直されるため、将来的に金利や返済額が上がる可能性があります。返済額は5年に1度見直され、上がる場合は前回の1.25倍を上限とするのが一般的です。変動型を借りる場合は、毎月返済額を少なめにして金利や返済額上昇時に備えるなど、リスクへの備えが必要です。

faq_figure_02.jpg

(3)固定期間選択型…固定期間とその後の金利タイプを選べる
「固定」という言葉が入りますが、変動金利と同じく返済中に金利や返済額が変わるタイプです。5年、10年など借入後一定期間の金利を固定にし、固定期間終了後はその時点の金利が適用されます。ただし、次回には前回と異なる金利タイプを選ぶこともできます。固定期間が短いほど金利は低めですが、最近は10年固定の金利を大きく引き下げた商品も登場しています。

faq_figure_03.jpg

自分に合う住宅ローンを見つけるには?

住宅ローンは、民間ローンを中心に商品が豊富にあります。よく使っているメインバンクはもちろん、住宅ローンに特化した専門会社、財形融資の受けられる勤務先や自治体など、利用できるローンを確認しましょう。自分に合う住宅ローンを見つけるには、金利差や付加サービス内容など調べてシミュレーションすれば、毎月の返済額がどれくらいになるかがわかります。当社では、あなたに最適の住宅ローンについてご相談やアドバイスをします。またご希望の方には無料でライフシミュレーションをさせていただきで、住宅購入後の家計にどんな変化が起きるかなどこれからの生活の予測しアドバイスをいたします。

ローンを借りるには諸費用が必要ですか?

住宅ローンで必要な諸費用は、「金銭消費貸借契約書用の印紙代」「融資事務手数料」「抵当権設定登記費用」「抵当権設定登記手数料」「住宅ローン保証料」「団体信用生命保険料」「火災保険料・地震保険料(任意)」など。金融機関や契約内容によっても異なりますが、諸費用は物件価額の約5%程度が目安と言われています。

保証人なしでも、ローンは借りれますか?

借入可能です。一般的に住宅ローンは保証人は立てず、保証料を支払い保証会社の保証をつけることとなります。最近では保証人不要という住宅ローンもあります。

不動産購入時の諸費用は、どのくらいかかりますか?

不動産購入の諸費用は、大まかに「税金」と「その他の費用」に分けられます。
「税金」は、契約時に必要な印紙代をはじめ登録免許税、不動産取得税などが課税されます。売主が個人であれば、土地・建物には消費税はかかりません。
「その他の費用」は、金融機関、司法書士、仲介会社に支払う手数料や火災保険代などがかかります。購入諸費用は売買価格の10%程度が目安となります。

万が一、ローンが借りられない場合、手付金など返ってくるの?

返ってきます。売買契約書には、買主が売買代金の一部にローンを使うこと、金融機関名・借入金額などを記載し、定めた期間内に住宅ローンの融資承認が得られなかった場合には、契約の解除ができる旨の条文が入ります。万が一、融資承認が得られなかった時には契約を解除することができ、支払った手付金の返却がおこなわれます。借り入れ出来るかどうかなどの資金計画のご相談は無料ですのでお気軽にご利用ください。

いまの家、売りたい Q&A

不動産の売却では、 最初に何をすればよいのでしょうか?

まずは、不動産の査定(査定は無料です)を行うことをおすすめします。
査定価格をもとに、売りに出されるかどうか判断していただくことになります。
当社では売主様の計画や事情をお伺いし、いろいろな形でのアドバイスやサポートをさせていただきます。 将来的に売却を考えている場合でも、お気軽にご相談ください。

査定価格より高い価格に設定しても売れますか?

少しでも高く売りたいとは誰しもが思うことですが、査定価格より高く売れる事はほとんどありません。また売却できたとしてもかなり時間がかかります。当社の査定価格は近況の不動産相場から算出した価格で、3ヵ月以内の売却をめざす価格になります。

家の売却時に結ぶ、媒介契約ってなに?

媒介契約には、3種類の契約形態があります。

(1)専属専任媒介契約
依頼者が他の不動産会社に重ねて媒介を依頼することができない契約です。
また依頼者が自ら見つけた相手方と売買することもできません。
指定流通機構(近畿レインズ)には、媒介契約締結の翌日から5日以内に登録されます。

(2)専任媒介契約
依頼者が他の不動産会社に重ねて媒介を依頼することができない契約です。
ただし、依頼者が自ら見つけた相手方と売買することはできます。
指定流通機構(近畿レインズ)には、媒介契約締結の翌日から7日以内に登録されます。

(3)一般媒介契約
依頼者が他の不動産会社に重ねて媒介を依頼することができる契約です。
また依頼者が自ら見つけた相手方と売買することもできます。
指定流通機構(近畿レインズ)への登録は任意で行えます。

住宅の買い替えの場合、売却が先?それとも購入が先?

どちらを先行させるかは、お客様の条件によります。

(1)所有物件を売った資金で次の物件を購入する場合…「売却」を先行。
この場合は売却収入額が決まりますから、買い替え先の購入物件の資金計画が立てやすくなります。ただし購入物件が見つからず予想以上に時間がかかる場合には、ご自宅を明渡し新居が決まるまで仮住まいをすることになります。

(2)自己資金があり次の住まいもすぐに購入できる場合…「購入」を先行。
仮住まいの手配などの無駄な出費や不便の心配がなくスムーズに転居できます。ただし所有物件が売れなかった場合の資金繰りを考えておくことが大事です。

失敗しない相続 Q&A

不動産の生前贈与。どんな方法があるの?

居住用不動産(またはその購入資金)を対象として、次の適用条件を満たす 「配偶者からの贈与」について、2,000万円までは贈与税がかからない 「贈与税の配偶者控除」があります。 その年の贈与税の基礎控除(110万円)を加え、最高2,110万円まで無税にすることも可能です。

●適用条件

  1. 婚姻期間が20年以上であること。
  2. 居住用不動産(家屋又は家屋とその敷地)または居住用不動産を取得するための金銭の贈与であること。
  3. 贈与を受けた年の翌年の3月15日までにその不動産又は贈与を受けた金銭で取得した不動産に居住し、その後も引き続き居住する見込みであること。
  4. 過去に同じ配偶者から、この配偶者控除を利用した贈与を受けたことがないこと。
不動産を相続したら、相続登記する必要があるの?

不動産を相続すると、登記をしなくても所有権は相続人に移ります。ただし、相続した不動産を売る場合には、名義変更をしていないと売却できません。相続登記で名義を相続人に変更してから、売買による移転登記をする必要があります。
また、相続登記をしないままにしておくと相続人が死亡した場合、相続の相続が発生するなど相続関係が非常に複雑になる可能性があります。このようなことが起きる前に、すみやかに相続登記をされることをおすすめします。

どのような財産に相続税がかかりますか?

相続税は、死亡した人の財産を相続や遺贈によって取得した場合に、その取得した以下のような財産にかかります。

◎本来の相続財産

  1. 土地(借地権も含む)、家屋
  2. 現金、預貯金、有価証券
  3. 自家用車、絵画、宝石、テレビ等
  4. 実質的に被相続人の所有と考えられる家族名義の預貯金、有価証券等

◎主なみなし相続財産

死亡保険金、死亡退職金など

◎贈与財産

  1. 相続開始前3年以内の贈与財産
  2. 相続時精算課税制度にかかる贈与財産
相続税の申告はどこにしますか?

亡くなった人の住所が日本国内の場合、亡くなった人の住所地を所轄する税務署に申告書を提出し納税します。相続人の住所地の税務署ではありません。相続税の申告は、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月以内に行います。

その他 Q&A

ライフサポートって、どんな会社?

家の購入や売却さらに相続などをお考えの方が、自分のペースで安心しておすすめいただけるよう、必要な不動産の知識や物件情報の提供、資金計画の提案、ローンシミュレーション、重要事項説明書、契約書の作成などを総合的にサポートしている会社です。
住まいのコンシェルジュ(あれこれお世話係)として対応させていただく代表の髙山知子は、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、ファイナンシャル・プランニング技能士など不動産にまつわるあらゆる資格を所有しています。また相続については相続専門サポートチームをつくり、素早く必要な有資格者へつなぎ万全の対応をさせていただきます。

リフォームとリノベーションの違いって?

リフォームとは、古くなった設備の交換など小規模な補修工事のこと。
リノベーションとは、間取りを変更するなど大規模な工事のこと。

<戸建>

faq_photo_01.jpg

二部屋続きをクローゼットで仕切り独立部屋に。

faq_photo_02.jpg

新たにクローゼットも作り収納充実。

faq_photo_03.jpg

<マンション>

faq_photo_04.jpg

押入れをなくし、部屋を広く。

faq_photo_05.jpg

キッチンを対面式に

faq_photo_06.jpg